リムを赤くしたいのでホイールリムステッカーを貼ってみました。

満足ですが、近くて見てはいけない仕様です。(笑)

スポンサーリンク

赤リムのホイールが欲しかった

ソリオバンディットのボディカラーがクラレットレッドなので、アルミホイールには赤のラインが入った物が欲しかったのですが、リム幅を5Jに拘ると中々良い物がありませんでした。

赤リムはあきらめてデザインと値段でSA-54Rに決めました。

SA-54Rのデザイン自体は大満足なのですが、やはり赤リムは忘れられませんでした。

 

リムステッカーを貼ればいいのか!

ネットを調べてみるとリムステッカーというのがある事が分かったので調べてみました。

ソリオバンディットのホイールサイズは15インチですが、購入したSA-54Rはインナーリムがあるタイプのホイールなのでインナーリムに貼る前提でサイズを測ってみました。

測ってみると約350mmだったのでこの外径にピッタリなサイズのステッカーがあれば良いのですが...

という事でリムステッカーを検索してみました。色んな種類があるので迷いましたが、「リムステッカーの飾屋」という所では直径でサイズを選べて、色んな色が選べる事が分かりました。

買う店は決まったのですが、次に迷ったのは色です。最近はソリッドカラーの他に切削部分にクリアカラーを塗装したデザインも流行っている事から、メッキタイプかソリッドタイプにするかをかなり悩みました。

ストライプテープの値段って高い物が多いのですが、飾屋のステッカーはリーズナブルな価格なので迷う位なら2種類買ってみる事にしました。

実際貼ってみるのが1番分かりやすいですし、うまくいかなかったら剥がせば良いだけですから。

スポンサーリンク

ステッカーが届きました

販売ページで確認すると13インチ用が直径(外径)353mmとなっていましたので13インチ用を購入する事にしました。

物はすぐに届きました。分割されているので簡単に貼れそうですが場所が場所だけに難しそうです。

裏面の説明書きには記載がありませんが自己責任で水貼りで行いました。

現時点では特に問題なく貼り付いているように思います。

メッキ赤の場合

メッキタイプの赤の場合はこんな感じになります。

メタリックのボディカラーとよく合っていると思います。

 

ソリッドレッドの場合

メッキ赤より鮮やかな印象です。

これなら白とか黒のボディカラーに合いそうな印象です。

 

どちらのカラーも実際見た後、本人の希望でメッキレッドを採用する事になりました。

 

スポンサーリンク

ホイールナットの色が気になる

上の写真でお気づきかもしれませんが、ホイールナットの色も気になる様になりました。

標準のホイールナットはメッキタイプなので妙に目立つように感じました。

そこで、ホイール本体に合わせたブラックナットとリムステッカーに合わせた赤いナットを購入してみる事にしました。

ブラックナット

ブラックナットはKYO-EI [ 協永産業 ] のBull Lock  M12 x P1.25 5H車用という物を買いました。

ソリオバンディットは4穴なのに5穴用を買ったのは、スズキとスバルはナットのサイズが一緒なのでソリオに使えなくてもレヴォーグに使えるなと思い、5穴用を購入しました。

また、簡易ロックも付属していますので何もないよりは安心ですね。

レッドナット

カラーナットは大体、アルミとかジュラルミンだと思いますが、高価な事と走行中に緩むらしいのでスチールのカラーナットを探す事にしました。

探したら、花形と七角形のスチールナットを見つけました。今回は花形を購入してみました。

レビューで専用ソケットが割れるみたいな書き込みがあったのでソケットも追加で購入しました。

 

ナットを換えるとこんなに印象が違います。

純正ナット

まずは純正ナットです。リムステッカーはソリッドタイプです。

これだけを見れば何とも思いませんよね。

 

赤いナット

赤いナットを付けるとこんな感じです。

結構似合っていると思いませんか?しかし、乗る本人はイマイチ気に入らなかったようです。

 

ブラックナット

すでに写真は出ていますがブラックナットだとこんな感じです。

黒も良いですね。本人は黒が一番気に入ったようですのでナットは黒にする事になりました。

 

ギャラリー

何枚か写真を貼っておきます。

ボディカラーと合っていますね。

 

合ってますね。

 

黒いナットとも相性が良いと思います。

乗る本人が黒のナットが良いというので黒にしましたが、自分なら赤いナットが好みです。

 

赤いナットをレヴォーグに付けてみようかなと企んでいます。

スポンサーリンクと関連コンテンツ