今更気付いたのですがスバルの取説アプリがあるんですね。

早速、入れてみましたが中々良さそうです。

スポンサーリンク

対応車種があります

便利な取説アプリですが残念ながら対応車種が限られています。

対応車種は以上の通りです。

取説アプリに対応していない車種でもPDFファイルはダウンロードできますので紹介しておきます。

こちらにアクセスしてダウンロードしたい車種を選択するとPDFファイルをダウンロードできます。

アプリを入れたくない場合もPDFファイをダウンロードしておけばいつでも取説を見られますね。

 

スポンサーリンク

アプリのダウンロード手順

インストールしたい端末でスバルのサイトにアクセスします。

 

ページ下部にスクロールしていき「オーナーの皆様へ」をタップします。

次に「アフターサービス」をタップします。

 

ページを下の方にスクロールさせるとこの画面になりますので「SUBARU Manual」をタップします。ちなみに一つ上のバナーをタップすると取説のPDFがダウンロードできます。

 

「SUBARU Manual」をタップするとこの画面になりますのでダウンロードしたい方のバナーをタップします。

 

今回はiphoneで説明していますのでAppStoreに飛びます。入手をタップしてインストールします。(評価が低いのが気になりますが...)

閲覧する車種をタップしてダウンロードしたい年式(アプライドモデル)を選択します。

自分の車は2019年6月発売(VM Type F)なのでそれを選択しました。

 

自分の車のアプライドモデルが分からない場合は助手席のドアを開けるとプレートが付いていますのでそちらで確認してみて下さい。

こんな感じのプレートです。このプレートの場合はアプライドモデル:SK9A5ALと書いてありますのでフォレスターSK9のA型です。

 

アプライドを確認したらインストールを続行します。

インストールが終わってアプリが立ち上がるとこんな感じです。

取説のPDFを確認したりビジュアルから見たい部分を選択したり、表示灯・警告灯の内容を確認できます。

 

スポンサーリンク

使用方法の一例

まずは、ビジュアル部分の紹介です。

こんな感じに見たい部分の丸印をタップすると装備名が表示されますので、それをタップします。

 

すると、こんな感じに説明窓が開きますので「詳細」をタップします。

 

該当部分の取説が開きます。

検索もできます

TOPページのManualをタップします。

 

この様な画面になります。

今回はキーワード検索するので「キーワード検索」をタップします。

 

検索窓に「電池」と入力すると検索結果が表示されますので、参考になりそうな結果をタップします。

 

電池交換手順が表示されました。

こんな感じで使えます。

 

これは便利ですね~

A型からF型に乗り換えて装備が増えたのですが、説明書を読むのが面倒なので正しく使っていない機能がある事が判明しました。(笑)

車の中でも簡単に検索出来るのですぐに説明書を読めそうです。

アプリを入れていない方は入れた方が良さそうですよ。おすすめです。

スポンサーリンクと関連コンテンツ