STIの19インチアルミホイールにセットしたADVAN Sport V105に履き替えて2か月が経ちました。

結果から言うと大満足なタイヤでした。

スポンサーリンク

ADVAN Sport V105とは?

ADVAN Sport V105はYOKOHAMAタイヤのフラッグシップモデルです。
https://www.y-yokohama.com/product/tire/advan_v105/

適用車種は「セダン・クーペ」「スポーツカー」「SUV」となっています。

重量級用のタイヤだという事が分かりますね。

WRX STI(VAB)の19インチ仕様の標準タイでもある事からレヴォーグとの相性も良いではないかと思っていました。

スポンサーリンク

インプレッション

自分の感覚ではタイヤって、装着直後より数百km位走ってからの方が印象が良くなる気がします。

自分の車の足回りの状態とか、普段走っている道路事情にタイヤの形状が合ってくるのだと個人的には思っています。

4月に履き替えてから約1,000km位走ったのでかなり馴染んできた印象で乗っています。

静粛性

今回のV105で一番気に入ったのは静粛性です。すごく静かに感じます。スタッドレスに近い感じです。45扁平から40になるので硬くてうるさいのではないかと想像していましたが、良い意味で裏切られました。

ソリオバンディットにもYOKOHAMAのBlueEarthが装着されていますが、こちらもすごく静かなのでYOKOHAMAタイヤは全般的に静かなのでしょうか?

突き上げ感

次に気に入った点は突き上げ感が少ない点です。段差を乗り越えた時のマイルドさはスタッドレスと同様に感じます。

純正装着のSPORT MAXXやPilot Sport4とはマイルドさの次元が違います。かと言ってフニャフニャではないので非常に乗り心地が良いです。

これならどこまでも走って行けそうです。

ハンドリング

ハンドリングに関しては、Pilot Sport4の方がクイックに感じます。タイトコーナーでの俊敏さはPilot Sport4の方が良く感じました。

が、あくまで比較した場合の話ですので単独で使っている場合は全く気にならないと思います。同じサイズで比較した訳ではないのであくまで印象の話です。

ブレーキング

ブレーキを踏んだ時の剛性感もPilot Sport4の方が良い様に感じます。乗り心地がマイルドでしなやかなのがここでの印象につながっている様に感じますが、あくまで比較した場合の話ですので全く問題ないです。

ウェット性能

ウェット性能に関してもPilot Sport4の方が良い様に感じます。具体的にはウェット時で路面状態が凸凹で轍がある場合の路面追従性がPilot Sport4の方が安定している様に感じます。
簡単に言うとABSが効き辛い感じです。

スポンサーリンク

比較

それでは、レヴォーグ履いた他のタイヤと比較してみたいと思います。

項目 SPORT MAXX 050 Pilot Sport4 ADVAN Sport V105
静粛性 ★★★ ★★★★ ★★★★★
突き上げ感 ★★★ ★★★★ ★★★★★
ハンドリング ★★★ ★★★★ ★★★★
ブレーキング ★★★ ★★★★ ★★★★
ウェット性能 ★★★ ★★★★ ★★★★

自分的にはこんな印象に感じます。Pilot Sport4を静かでマイルドにした印象で、最強の印象です。自分の好みに合っているだけかと思いますがとても気に入りました。

次期タイヤについて

今現在、6部山程度なので来年か再来年には交換時期を迎えると思います。225/40R19は結構な金額になるのでつぎは何を買うか悩んでいる状態です。

候補は以下のタイヤです。

ADVAN Sport V105

V105は良いタイヤですが1本3万円程度は覚悟しなければなりません。

V105は225/45R18もありますので気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

18インチですと値段もPilot Sport4と大差ないです。

トーヨータイヤ プロクセススポーツ

プロクセススポーツは安いですね。V105も気になるのですがこの安さは何なのか試してみたくなります。

Pilot Sport4

Pilot Sport4はV105より少しだけ安いです。この位の差ならV105を買うと思います。

 

何でも悩んでいる時が楽しいですね。てか、悩みたくないんですけどね。

スポンサーリンクと関連コンテンツ