レヴォーグ STI Sport F型にホワイトとイエローの切り替え式LEDフォグランプを付けました。

雨の日が快適になって大満足です。

スポンサーリンク

バルブ交換ができない!

F型レヴォーグのフォグランプは純正でLEDフォグランプが装着されています。

納車後に点灯させてみましたがお世辞にも明るいとは言えない明るさでした。A型レヴォーグでは標準のハロゲンからLEDバルブに交換して使用していましたので、今回の純正LEDフォグの明るさは物足りなく感じました。

バルブを交換しようとしてもバルブと本体が一体式となっており、バルブ交換が出来ない仕様となっています。何とかバルブ交換ができないかと調べていたら、フォグランプ本体を交換すれば良い事が分かりました。

 

フォグランプ灯体の交換

D型以降のフォグランプの形状はカバーから見るとこのように上下がストレートにカットされていますが、反射板部分がこの形状になっているだけで中身の本体は丸型です。

なので、C型までの純正フォグランプ本体を取り付ければバルブ交換が可能となります。

 

そのままでは車検に通らない

調べてみるとF型レヴォーグのSTI SportのバンパーにもC型のフォグランプ本体は無加工で付きそうですが1つ問題があります。

ディーラーにも確認したのですが、ライトの反射板をカバーで隠すと車検に通らない規定があるそうです。

今回の事例は、丸い反射板のフォグランプに開口部の一部がストレートにカットされたカバーを付けると反射板の一部が隠れてしまうので、車検に通らないとの事でした。

何か良い方法は無いかと調べると、C型のSTI Sportのフォグカバーは開口部が丸型なのでその部品を付けると反射板を隠す事なくフォグランプ本体を取り付ける事が出来きそうだと分かりました。

しかし、問題はウインカー部分です。D型からヘッドライトがステアリング連動になり、元々ハイビームだった部分がウインカーになったのでC型までフォグランプの上にあったウインカーが無くなっています。

C型のSTI Sportはウインカーがフォグランプの上にあったので、C型用のフォグカバーをバンパーにウインカーの無いD型以降のSTI Sportに取り付けるとウインカーレンズ部分が開口しているのでバンパー内部が見えてしまいます。

何かで塞ぐ事も考えましたが、いっその事ウインカーレンズを付けてしまえばいいと思い、ディーラーに確認した所、電球を外して不点灯状態にすれば車検も通るとの事でしたので、ウインカーレンズの値段を調べてみました。いくつかのパーツに分かれて構成されているので左右合わせると1万2~3千円と結構な金額になる事が分かりました。

買おうかどうか悩んでいる時に、何気にオークションをチェックしていると左右セットで4千円程度で出品されている物を発見して落札できました。送られてきた物は非常に綺麗で大満足な物が届きました。

このウインカーレンズから電球を抜いてダミーレンズとして装着する事にしました。

 

フォグランプ本体はIPF製にしました

あとはフォグランプ本体の入手ですが、いくつか選択肢がありました。

1.純正フォグランプの入手(新品)

2.純正フォグランプの入手(中古)

3.海外製の同形状激安品の購入(新品)

4.他社用純正品の入手(中古)

5.IPF製フォグランプ本体購入(クリアレンズ)

6.IPF製フォグランプ本体購入(イエローレンズ)

今回は純正同等の形状でガラスレンズ、軽量と言う事でIPFのクリアレンズタイプを入手する事にしました。

IPF フォグランプ  101FLというモデルです。

 

LEDバルブもIPF製にしました

以前はAutoSiteのLEDバルブ(LEDA)を付けていましたが、前回の装着から5年経ち技術が進化していました。

ホワイトとイエローを切り替える事ができるバルブが登場していたのです。こんなバルブが流行っているなんて全く知りませんでした。

今回はこのLEDバルブを発見したのでフォグランプの交換を決意したという訳です。

そのLEDバルブはIPFの50DFLBというモデルになります。6500Kと2800Kのデュアルカラーの切り替えができるLEDバルブです。

自分は、フォグと言えばイエローっていう先入観があるのですが、ホワイトの明るさも捨てきれずに、ずっとホワイトバルブを選んでいました。2色切り替えられるならこれで全て解決です。

 

交換は簡単です

交換は以下の手順で行います。

1.フォグカバーを外す(マスキングして正面下側から手前に引いて外します)

2.アンダーカバーを一部外す(一部で大丈夫です。手が入ればOKです。)

3.フォグランプからコネクターを抜く

4.フォグランプを取り外す(裏から固定されています)

5.ウインカーレンズを取り付ける(フォグ取付穴から手を入れればネジが閉められます)

6.IPFのフォグランプの突起を切り取る(ニッパーで簡単に切れます)

7.フォグランプをバンパーに固定する(裏から固定します)

8.LEDバルブを取り付ける

9.LEDバルブ用のバラストを取り付ける(アンダーカバー内に取付スペースがあります)

10.フォグカバーを取り付ける

これで取り付けまで完了です。

車高が低いのでスロープがあれば快適に交換できます。

 

色の切り替えはフォグスイッチで可能

このバルブの良い所は色の切り替えに新たなスイッチが必要ない事です。

ウインカーレバーにあるフォグスイッチを連続2回ON-OFFを繰り返すと色が切り替わります。

しかも、一旦切り替えた後は次に連続ON-OFFをするまで前回の色を記憶しているので毎回色を選択する必要がありません。

 

明るさは?

肝心の明るさですが、今回のバルブは2400lmなので以前使っていた3600lmのLEDAと比較すると少し暗いですが純正LEDフォグに比べると大満足です。

 

ホワイト

写真がちょっと明るめに撮れていますが概ねこんな感じです。純正とは雲泥の違いです。

 

イエロー

こちらもちょっと明るめに撮れていますが概ねこんな感じです。実際に雨の中も走ってみましたが道路が黄色になってすごく見やすいです。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回準備したパーツは以下の通りです。

・IPF フォグランプ 101FL 2個 約¥14,000


IPF LIGHT WEIGHT HALOGEN FOG LAMP 軽量ハロゲンフォグランプ 【101FL】H8-12V 35W クリアーレンズ (1個入り)

 

・IPF LEDバルブ 50DFLB 1式 約¥16,000


【おまけ付】50DFLB IPF フォグランプ 2色切替 H8 H11 H16 バルブ 2色切替 6500K⇔2800K 2500ルーメン 12V/24V兼用12W

 

・C型用フォグカバー(アクセサリーライナー付き用) 1式(左右セット) 約¥14,000

【スバル純正品】■H4517VA207※左右セットVM系レヴォーグSTIスポーツ(Cタイプ)用LEDアクセサリーライナー装着用フォグランプカバー【コンビニ受取対応商品】

 

・C型用ウインカーレンズ 1式(左右セット) 約¥13,000

合計 ¥57,000 です。

結構な金額ですね。自分でもビックリです。でも、満足度は相当高いです。

ちなみに、C型までのレヴォーグならIPFのLEDバルブを購入するだけでこの状態が実現できますので断然おすすめです。

海外品の安いバルブもありますが耐久性や品質を考えると国産品が良いのではないでしょうか。

スポンサーリンクと関連コンテンツ