レヴォーグにガラコを使ってみた

スポンサーリンク




今更ですが初めてガラコを使ってみました。

glaco

結果から言うともっと早く使っておけば良かったです。

きっかけはウォータースポット

レヴォーグが納車されて10ケ月になりますが洗車のたびにウォータースポットが気になる様になっていました。特にフロントウィンドに付いているのが気になって仕方ありません。自分のレヴォーグはオールウェザーパックなので運転席、助手席のサイドウィンドーは標準で撥水加工になっていますがここだけにはウォータースポットが付いていない事に気が付きました。そこで、前から興味はあったのですがガラコを使ってみようと思いました。

まずはウォータースポットを除去

ガラコの施行は下準備が大切です。ウォータースポットや油膜があるとダメなので除去する必要があります。今回はSOFT99の「ガラスリフレッシュ」を使用しました。

glassrefrash

専用スポンジが付いてきますので説明書通りにガラスを磨いていきます。ウォータースポットが付いてなければキイロビンなどの油膜取りだけで良いのですがキイロビンではウォータースポットは除去できません。

このガラスリフレッシュはウォータースポットと同時に油膜も除去してくれるので下準備はこれだけでOKです。

ちなみにウォータースポットを除去するのにフロントガラスだけで1時間位掛かりました。

 

ガラコには種類がある

ガラコを買いに行ったら種類がある事に気が付きました。何しろ初めてガラコを使うのでどれを買ったらいいのかさっぱり分かりませんでした。一旦家に戻りガラコを調べてみる事にしました。

大まかに分けると2種類です。

ガラコは撥水性重視のシリコーン系と耐久性重視のフッ素系がある事が分かりました。シリコーン系は2~3ケ月、フッ素系は6ケ月程度の耐久性みたいです。

glaco

どちらも興味がありますので今回はシリコーン系の「ぬりぬりガラコデカ丸」とフッ素系の「超ガラコ」を購入してみました。値段的にはシリコーン系の方が安いですが耐久性を考慮するとフッ素系も高価という訳ではないのではないでしょうか。

ウォータースポット除去に使ったガラスリフレッシュの説明書きにウォータースポット付着防止には「超ガラコ」がお勧めと書いてありましたので今回は「超ガラコ」をフロント、リヤ、リヤサイドに使いました。(運転席、助手席は未施工)

せっかく買ったのでデカ丸は家族の車のサイドウィンドーに使ってみました。

確かに弾きます

雨が降ったので効果を確認できました。

glaco (2)

今回はフッ素系と言う事で水弾きは期待していませんでしたが施行直後と言う事もあり、すごく弾いています。街乗りのスピードなら基本的にワイパーは必要と思いますがワイパーでふき取った後の水のキレが凄く良いです。

雨上がりのウォータースポットも付いていませんでした。今回の主目的はウォータースポットの付着防止ですのでこちらの効果の方を期待しています。数か月後が楽しみです。

ちなみに家族の車に塗ったデカ丸もしっかり水を弾いていましたのでこまめに塗るならシリコーン系でも良いかもしれませんね。

 

アイサイトへの影響について

ガラスコーティング剤はアイサイトに良くないと聞きますので取説を確認してみます。

glaco (3)

取説によると動作しないのではなく、一時停止しやすくなると書いてあります。取説だと油膜もダメと書いてありますので基本的に人間の目で見えにくい状況ならアイサイトもダメと言う事だと思います。

アイサイトを過信する事なく運転するのなら特に問題はないのではないでしょうか。

※ガラスコーティング剤の使用は自己責任でお願いします。


 

今回購入したのはこちら

 




スポンサーリンク

2015年7月20日 レヴォーグにガラコを使ってみた はコメントを受け付けていません。 LEVORG メンテ
スポンサーリンクと関連コンテンツ