レヴォーグにサイドカメラを取り付けてみた【取り付け編】

スポンサーリンク




サイドカメラとナビのケーブルが揃ったので早速、取り付けました。

sidecamera_a

カメラを取り付ける際に照明用のLEDも埋め込みました。

取り付けは若干のスキルと道具が必要

doormirror

カメラの取り付けに際しては以下のページを参考にDIYで取り付けました。

http://minkara.carview.co.jp/userid/356362/car/1722289/3134846/note.aspx

http://cosmicjp.blog129.fc2.com/blog-entry-526.html

上のページを見ただけで出来ないようなら業者に依頼した方が無難です。自分は素人でドアへスピーカーケーブルの引き込みができる程度です。今回、一番苦労したのはカメラの配線をドアミラー内に通す事でした。分解できる所はほとんど分解しました。

今回、オリジナルで追加した部分は電源スイッチです。

switch

エンジンスタートスイッチの下に空きパネルがあるのでスイッチを埋め込んでみました。左がカメラの電源スイッチで右はLED照明のスイッチです。今回購入したカメラはアクセサリー電源に接続するタイプなので電源を切る必要がないのですがとりあえず付けました。右のスイッチはスモール連動でLED照明のON/OFFができる様に配線しました。もし照明が不必要なら消しておけばいいですからね。

この、スイッチパネルの加工はルーターと言う工具が必要でした。カッターやニッパーだけでもいけるかもしれませんが相当時間が掛かりそうです。

 

次は、ナビの準備です。

KIT-50BC

自分のナビはDIATONEサウンドナビなのでKIT-50BCというカメラ接続キットを使うと最大3台までカメラを接続する事が出来ます。今まで使っていた1台用のケーブルと交換してサイドとリヤカメラを接続しました。

 

dual_1280

MFDへバックカメラを映るようにしたので後と横を同時にみる事が出来る様になりました。

 

次は実際にどういう風に映るのかを見てみたいと思います。

レヴォーグにサイドカメラを取り付けてみた【映り方編】

 

準備編はこちら

レヴォーグにサイドカメラを取り付けてみた【準備編】

 




スポンサーリンク
スポンサーリンクと関連コンテンツ