EyeSight+が適用になっていなかったのでSUBARU自動車保険プランを見直しました

スポンサーリンク




レヴォーグの自動車保険はSUBARU自動車保険プランに入っています。

subaru_hoken

SUBARU自動車保険プランはディーラーで契約する保険で、EyeSight(アイサイト)装着車には「アイサイト+(プラス)」という補償が追加されるのが特徴です。レヴォーグが納車されて1年3か月経ちますが、EyeSight+が欲しくて契約したのに適用になっていませんでした。

気付いたきっかけは友人のフロントガラス交換でした

友人のフォレスターが飛び石でフロントガラスを交換する事になりました。走行中に対向車線から石が飛んできてガラスにヒビが入ってしまったそうです。EyeSight装着車なのですぐにスバルに持ち込んで診断してもらったところ、修理不可能な場所なのでガラス交換が必要との事でした。見積をもらってみると約18万円との事です。

18万円なら微妙なラインですが保険修理をする事にしたそうです。以前の自動車保険は飛び石でのガラス交換は等級ダウンがありませんでしたが、最近は「等級すえおき事故」は廃止になっていますので1等級ダウン事故になってしまいます。1等級ダウンすると次年度の保険料がかなり上がってしまいます。以下のサイトで等級ダウン後の計算が出来ますので大体の目安が分かると思います。

http://www.sonysonpo.co.jp/auto/guide/agde025.html

自分の場合は20等級で年間9.5万円でしたから、保険金額10万円で計算すると次年度の保険料が5万円以上上がります。もっとも、修理代が18~20万円は掛かるのでそれに比べれば安いですが結構な金額ですよね。

アイサイト+とは?

友人は個人代理店で保険に加入していたのでアイサイト+の適用はありませんでしたが、ディーラーの担当者から「SUBARU自動車保険プランなら3万円で交換できたのに」と言われたそうです。

SUBARU自動車保険プランのページ→http://www.subaru.jp/purchase/insurance/

アイサイト+はSUBARU自動車保険プランだけの特典なので、加入している自分は対象である事を疑う余地もありませんでした。担当に聞いても特に証券に記載される訳ではないし「大丈夫ですよ」と言われていました。

でも、確認してみようとHPやパンフレットを見てみるとアイサイト+は3年契約以上の長期契約でEyeSigth装着車に適用される補償と書いてありました。そこで、保険証券を確認してみると・・・

subaru_hoken (2)

何と!2年契約でした!!

大事なのでもう一回言いますがアイサイト+は「3年以上の長期契約が対象」なんです。このままではせっかくのSUBARU自動車保険プランは高いだけの保険になります。

何で2年契約?

すぐに担当者に連絡をして理由を聞いてみました。レヴォーグに乗り換えた際に車両入替で保険を切り替えたんですが、その時に一旦解約して3年で契約する必要があったそうです。と言う単純な話でした。

と言う事で、見直ししてもらう事にしました。

解約しても等級は変わらない

一旦解約してすぐに契約する場合は等級が変わりませんので安心です。但し、保険開始期間がリセットされるので20等級まで到達していなくて、保険期間がもうすぐ終わる場合は等級が上がってから切り替えた方が良いです。

例えば、16等級であと3ヶ月で更新時期が来る場合などに見直しを行うと、契約し直した時点から保険期間が始まるので9か月の無事故期間がリセットされてしまい、再度16等級からスタートになります。

なので、契約期間中に見直しを行う場合は等級と保険期間に注意が必要です。

 

保険料が下がりました

見直しを行った所、思わぬ副産物がありました。見直し前の保険期間はH27年5月からでしたが、その時点では

車両-6、対人-4、対物-4、傷害-4

と言う料率クラスでしたが、今回の見直しで

車両-5、対人-4、対物-3、傷害-4

となっていました。保険料は95,000円×2年から、初年度は81,600円になりました。2年目以降は87,460円なので保険料は大分安くなりました。アイサイトが付いているので事故が減ったのかもしれませんね。

アイサイト装着車ならSUBARU自動車保険プランで長期契約が良いですね。

 




スポンサーリンク

2015年12月19日 EyeSight+が適用になっていなかったのでSUBARU自動車保険プランを見直しました はコメントを受け付けていません。 SUBARU
スポンサーリンクと関連コンテンツ