スタッドレスに慣らしは必要か?

スポンサーリンク




今年もスタッドレスタイヤを準備する時期になりました。

revogz

自分はBLIZZAK REVO GZ LVを昨年に購入して2,000km以上は走行したのですが、ご覧の通りまだ発泡ゴムが出ていない部分があります。自分的には全面的に発泡ゴムが出てきてからの方が効きが良い印象ですので、早めに装着して雪が降るまでに皮むきを終わらせようと思っています。

よく考えたら自分は、スタッドレスタイヤの慣らしについて調べた事が無かったので、これを機に国産メーカーを中心に調べてみました。

ほとんどのメーカーは慣らしが必要です

ブリヂストン

bs

ブリヂストンのHPには時速60km/h以下で200km以上と記載がありました。

http://tire.bridgestone.co.jp/about/maintenance/performance/05.html

 

ダンロップ

dl

ダンロップのHPには速度の記載は無く、100km程度と記載がありました。

http://tyre.dunlop.co.jp/tyre/faq/

 

TOYO

to

TOYOタイヤのHPには時速60km/h以下で200km以上と記載がありました。

http://toyotires.jp/faq/tire/s_tire_06.html

 

ミシュラン

mi

ミシュランのHPには時速80km/h以下で100km以上と記載がありました。

http://store.michelin.co.jp/user-guide/care/

 

YOKOHAMA

YOKOHAMAのHPでは情報は見つけられませんでした。

 

まとめ

情報をまとめると夏タイヤでもスタッドレスでも100~200km程度は慣らしをした方が良いと推奨されています。今までの経験では新品のスタッドレスは2,000~3,000km程度走らないと皮が剥けない印象でしたので、思ったより少ない距離数だと感じました。

100~200km程度の走行距離だと髭が生えたままですし、ナットの緩みや空気の漏れを確認する程度の距離です。その位で慣らしが終わると言うのなら実質的には慣らしは必要ないと言う事になりそうですね。

でも、自分的には絶対に慣らし(皮むき)は必要だと思います。

 




スポンサーリンク

2015年11月15日 スタッドレスに慣らしは必要か? はコメントを受け付けていません。 メンテ