レヴォーグ STIスタイルパッケージとは?

スポンサーリンク




レヴォーグのオプション「STIスタイルパッケージ」を装着しています。

STI_style_640

STIのパッケージは「STIスタイルパッケージ」と「STIパフォーマンスパッケージ」の2種類があります。「STIパフォーマンスパッケージ」は「STIスタイルパッケージ」に3つの部品を追加するとエンブレムがもらえるという構成です。エンブレムは非売品で3ヶ所に付くのでこれがどうしても欲しいなら「STIパフォーマンスパッケージ」を選ぶ必要があります。

自分はフレキシブルドロースティフナーとタワーバーは気になりますがスカートリップは不要でしたので「STIスタイルパッケージ」にしました。

悩んだのは最低地上高

自分が見積った時は試乗車程度しかなく、STIスタイルパッケージを装着した車両をみる事ができませんでした。とりあえずSTIフロントアンダースポイラーだけを付けようと思っていましたが、納車期間まで3か月以上あり、納車日が確定してから本契約となるために悩みに悩んでどうせならSTIスタイルパッケージにしようと決めました。

STIstyle

aerosplash

実際に装着された状態は自分の車で初めて見たのですが付けてよかったと心底思いました。

カタログには地上高がフロントアンダーとリヤアンダーが30mm、サイドアンダーが20mm下がると書いてありますが測ってみると実は最低地上高は差がない事が分かりました。

 

測ってみた

では、実際にどの位の隙間があるのか測ってみました。

STIstyle (1)

測ってみるとフロントアンダースポイラーは約16cmの位置にありました。しかし、よく見るとアンダーカバーの方が低い事が分かりました。大体13.5cm位に見えます。カタログに記載されているGT-Sグレードの最低地上高は13.5cmなのでここの数値だと言う事が分かります。

スポイラーの前部も16cmの隙間がありますので進入角度さえ気を付ければ問題ないのではないでしょうか。

また、スカートリップを装着しても最低地上高程度の隙間が空くと思いますので擦ってもいい消耗品としての装着なら問題ないと思われます。

 

STIstyle (2)

サイドアンダースポイラーの前側です。こちらもサイドアンダースポイラー自体の地上高は16cm程度です。やはり、車体側の方が13.5cm程度で低い事が分かります。

 

STIstyle (3)

サイドアンダースポイラーの後ろ側です。こちらもサイドアンダースポイラー自体の地上高は16cm程度です。こちらも車体側の方が13.5cm程度になっています。

リヤアンダーも同様に車体側の最低地上高よりは高いので特に問題は無さそうです。

実際、納車されて半年経ちますがまだ1度も擦っていません。

STIスタイルパッケージを考えている方はこの寸法を参考にされてはいかがでしょうか。




スポンサーリンク
スポンサーリンクと関連コンテンツ