レヴォーグのマフラーを調べてみた

スポンサーリンク




レヴォーグのマフラー交換を考えていますが数多くのメーカーから発売されていますので、どれを選んだらいいか迷います。そこで、みんカラなどで人気のマフラーを一覧表にして比較してみたいと思います。

authorize_s

スペック一覧

各マフラーのスペックを一覧表にしました。

純正、STI
メーカー、品名 品番 交換部分 材質 重量 出口径 パイプ径 価格 アイド
リング
近接騒音
スバル 純正 13.6
(21.2)
55 74
STI
スポーツマフラー
ST44300VV000 リアピース
(タイコ型)
ステンレス φ95 148,000

純正とSTIです。STIは音量データが公開されていません。1.6と2.0で共通となっています。

 

FUJITSUBO
メーカー、品名 品番 交換部分 材質 重量 出口径 パイプ径 価格 アイド
リング
近接騒音
FUJITSUBO
AUTHORIZE S
350-63711 リアピース
(タイコ型)
ステンレス 12.6 φ117 φ50.8 110,000 60 82
FUJITSUBO
AUTHORIZE S
350-63711 リアピース
(タイコ型)
ステンレス 12.6 φ117
ブルー発色
φ50.8 130,000 60 82
FUJITSUBO
AUTHORIZE R
560-63711 リアピース+センター
(砲弾型)
ステンレス 16.9 φ117 φ60.5-φ50.8 156,000 65 84

FUJITSUBOはリアピースのみのタイコ型とセンターパイプ付きの砲弾型のシンプルなラインナップです。タイコ型のAUTHORIZE Sでブルー発色のテールが選べるようになりました。1.6と2.0で共通となっています。

 

GANADOR
メーカー、品名 品番 交換部分 材質 重量 出口径 パイプ径 価格 アイド
リング
近接騒音
GANADOR
Vertex sports
VRE-040BL
(VM4用)
リアピース
(砲弾型)
ステンレス
テール部のみTi
8 φ112
ブルー発色
φ60 104,000 60 81
GANADOR
Vertex sports
VRE-040PO
(VM4用)
リアピース
(砲弾型)
ステンレス 8 φ112
ポリッシュ
φ60 94,000 60 81
GANADOR
Vertex sports
TITANIUM
VRE-040TB
(VM4用)
リアピース
(砲弾型)
チタン 4.6 φ112
ブルー発色
φ60 210,000 60 81
GANADOR
Vertex sports
TITANIUM
VRE-040TP
(VM4用)
リアピース
(砲弾型)
チタン 4.6 φ112
ポリッシュ
φ60 210,000 60 81
GANADOR
Vertex sports
TITANIUM
VRE-040TH
(VM4用)
リアピース
(砲弾型)
チタン 4.6 φ112
ヘアライン
φ60 210,000 60 81
GANADOR
Vertex sports
VRE-043BL
(VM4用)
リアピース+センター
(砲弾型)
ステンレス
テール部のみTi
12.8 φ112
ブルー発色
φ60.5-φ50.8 145,000 62 87
GANADOR
Vertex sports
VRE-043PO
(VM4用)
リアピース+センター
(砲弾型)
ステンレス 12.8 φ112
ポリッシュ
φ60.5-φ50.8 135,000 62 87
GANADOR
Vertex sports
TITANIUM
VRE-043TB
(VM4用)
リアピース+センター
(砲弾型)
チタン φ112
ブルー発色
315,000
GANADOR
Vertex sports
TITANIUM
VRE-043TP
(VM4用)
リアピース+センター
(砲弾型)
チタン φ112
ポリッシュ
315,000
GANADOR
Vertex sports
TITANIUM
VRE-043TH
(VM4用)
リアピース+センター
(砲弾型)
チタン φ112
ヘアライン
315,000
GANADOR
Vertex sports
VRE-041BL
(VMG用)
リアピース
(砲弾型)
ステンレス
テール部のみTi
7.4 φ112
ブルー発色
φ60 104,000 66 90
GANADOR
Vertex sports
VRE-041PO
(VMG用)
リアピース
(砲弾型)
ステンレス 7.4 φ112
ポリッシュ
φ60 94,000 66 90
GANADOR
Vertex sports
TITANIUM
VRE-041TB
(VMG用)
リアピース
(砲弾型)
チタン 4.4 φ112
ブルー発色
φ60 210,000 66 90
GANADOR
Vertex sports
TITANIUM
VRE-041TP
(VMG用)
リアピース
(砲弾型)
チタン 4.4 φ112
ポリッシュ
φ60 210,000 66 90
GANADOR
Vertex sports
TITANIUM
VRE-041TH
(VMG用)
リアピース
(砲弾型)
チタン 4.4 φ112
ヘアライン
φ60 210,000 66 90
GANADOR
Vertex sports
VRE-042BL
(VMG用)
リアピース+センター
(砲弾型)
ステンレス
テール部のみTi
13.7 φ112
ブルー発色
φ70-φ50 150,000 65 90
GANADOR
Vertex sports
VRE-042PO
(VMG用)
リアピース+センター
(砲弾型)
ステンレス 13.7 φ112
ポリッシュ
φ70-φ50 140,000 65 90
GANADOR
Vertex sports
TITANIUM
VRE-042TB
(VMG用)
リアピース+センター
(砲弾型)
チタン 7.2 φ112
ブルー発色
φ70-φ50 320,000 65 90
GANADOR
Vertex sports
TITANIUM
VRE-042TP
(VMG用)
リアピース+センター
(砲弾型)
チタン 7.2 φ112
ポリッシュ
φ70-φ50 320,000 65 90
GANADOR
Vertex sports
TITANIUM
VRE-042TH
(VMG用)
リアピース+センター
(砲弾型)
チタン 7.2 φ112
ヘアライン
φ70-φ50 320,000 65 90

GANADORはみんカラで1番人気です。全て砲弾型でステンレスとオールチタン、センターパイプの有無で非常に多く組み合わせとなっています。1.6と2.0で異なる性能となっています。2.0の方が音量が大きいのが特徴です。

 

柿本改
メーカー、品名 品番 交換部分 材質 重量 出口径 パイプ径 価格 アイド
リング
近接騒音
柿本改
Regu.06&R
B22353R リアピース
(砲弾型)
ステンレス φ90
ブルー発色
φ50 85,000 83
柿本改
Regu.06&R
B22353S リアピース+センター
(砲弾型)
ステンレス φ90
ブルー発色
φ60-φ50 145,000 84
柿本改
Regu.06&R
B22353W リアピース+デュアルセンター
(砲弾型)
ステンレス φ90
ブルー発色
φ60-φ50W 165,000 88
柿本改
Class KR
B71353R リアピース
(タイコ型)
ステンレス φ115
ブルー発色
φ50 115,000 80
柿本改
Class KR
B71353S リアピース+センター
(タイコ型)
ステンレス φ115
ブルー発色
φ60-φ50 175,000 84
柿本改
Class KR
B71353W リアピース+デュアルセンター
(タイコ型)
ステンレス φ115
ブルー発色
φ60-φ50W 195,000 84

柿本改も人気のマフラーです。ここもラインナップが多くなっていますが基本的に砲弾型とタイコ型、センターパイプの有無で構成されています。センターパイプがシングルとデュアルの2種類ラインナップされているのが特徴です。1.6と2.0で共通となっています。

 

HKS
メーカー、品名 品番 交換部分 材質 重量 出口径 パイプ径 価格 アイド
リング
近接騒音
HKS
スーパー
ターボマフラー
31029-AF009
(VMG用)
リアピース+センター
(タイコ型)
ステンレス φ110 φ65-φ54 152,000 77
HKS
スーパー
ターボマフラー
31029-AF010
(VM4用)
リアピース+センター
(タイコ型)
ステンレス φ110 φ60-φ50 152,000 72
HKS
ハイパワー
SPEC-L
31019-AF028
(VMG用)
リアピース+センター
(砲弾型)
ステンレス 12.8 φ94 φ65-φ50 120,000 82
HKS
ハイパワー
SPEC-L
31019-AF028
(VM4用)
リアピース+センター
(砲弾型)
ステンレス 13.1 φ94 φ60-φ50 120,000 80

HKSは全てセンターパイプ付きです。タイコ型と砲弾型のラインアップですがタイコ型の方が静かな機種となっています。1.6と2.0で異なる性能となっています。2.0の方が音量が大きいのが特徴です。

 

湾岸
メーカー、品名 品番 交換部分 材質 重量 出口径 パイプ径 価格 アイド
リング
近接騒音
湾岸
ステンレスマフラー
ZERO Plus+
4544808005820 リアピース
(タイコ型)
ステンレス φ109 98,000 80

湾岸は古くからスバル車のパーツを作っているメーカーです。湾岸のマフラーはノーマルと同様に隔壁構造なので騒音で有利なマフラーです。1.6と2.0で共通となっています。

 

BLITZ
メーカー、品名 品番 交換部分 材質 重量 出口径 パイプ径 価格 アイド
リング
近接騒音
BLITZ
NUR-SPEC C-Ti
64135 リアピース
(砲弾型)
ステンレス
テール部のみTi
φ114.3
ブルー発色
φ60 98,000 76
BLITZ
NUR-SPEC VS
62135 リアピース
(砲弾型)
ステンレス φ114.3 φ60 88,000 76

BLITZのマフラーは形状が同じでテール部の色付きと色なしの違いになります。近接騒音の数値が低いマフラーです。1.6と2.0で共通となっています。

 

スポンサーリンク


まとめ

こうして並べて見ると非常に多くのマフラーがありますので迷いますね。

選ぶポイントは

  1. スタイル
  2. 性能
  3. ブランド
  4. 値段

と言った所でしょうか。

レヴォーグはCVTなのでピークパワーが上がっても特にその回転を維持して走るシチュエーションは少ないでしょうから普段の走行時に快適なマフラーが良いですね。

自分的には青いテールは派手だと思うのでそれ以外で選ぶと思います。また、オーディオを邪魔しない程度の音量の物が良いですね。

1回で満足できるマフラーを選べれば良いですが前車のSG5ではマフラーを4回換えて満足した事を思い出します。

ちなみに、その時に取り替えたマフラーは、「FUJITSUBOのワゴリス」→「Apexiのハイブリッドメガホン」→「FUJITSUBOのレガリスR」→「FUJITSUBOのレガリスバイアブル」と交換しました。

ワゴリスの見た目の迫力が寂しくてハイブリッドメガホンを付けたらこもり音が気になって、レガリスRに替えたらこもり音は無いけど音量が大きくて最終的に回転とブーストで音量が変化するレガリスバイアブルに交換して満足したという訳です。

なぜ何回も交換する羽目になったのかと言うと、実はスペック表で分からない部分があります。それは「音質」「こもり音」です。これは数値に出ません。

いくら騒音の数値が少なくても実際に聞いてみないと何とも言えません。ちなみにこれはカースピーカーにも言えます。

近くにマフラーを交換したレヴォーグが無いので音を聞くことはできませんのでとりあえずはスペック表から選ぶしかありません。今回は1回で満足できるようによく調べてから購入しようと思います。

 




スポンサーリンク
スポンサーリンクと関連コンテンツ