レヴォーグのフォグランプ用LEDバルブを購入してみた

スポンサーリンク




自分のレヴォーグはLEDヘッドランプですのでロービームがLEDです。しかし、ハイビームとフォグランプはハロゲンバルブなので点灯させると色温度が低いので黄色っぽく感じます。

LEDバルブに交換すれば改善されますが結構な値段がするので躊躇していた所、期間限定で激安のLEDバルブを発見したので購入してみました。

LEDバルブは高い

LEDバルブを選ぶポイントはバルブ形状、明るさ(ルーメン)、色温度(ケルビン)、消費電力、使用LEDチップなどがありますがどこを重視するかで価格帯が変わります。デイライト的に使えれば良いのであれば安い物もありますが、本格的に明るさを求めるなら値段が高くなるようです。

明るさを重視するとなると「AutoSiteのLEDA」や「PHILIPSのX-tream Ultinon」などが人気の様です。

LEDAはハイビームとフォグランプに使用できますがAutositeの購入サイトで1.8万円です。セットで購入すれば少し安くなりますがそれでも、3.5万円位はします。

PHILIPSはフォグランプ専用です。安い時は1.3万円位で購入できますが最近は1.8万円程度になっています。

LEDバルブに交換しているレヴォーグを実際に見た事がないので、2万円近い金額を出して満足できなかったら悔しいのでどうしても購入する気になれませんでした。

 

激安のLEDバルブを見つけた

ある日、ネットサーフィンしていたら期間限定の激安のLEDバルブを見つけました。しかもAutoSite製です。

このLEDバルブはAutoSite製ですが、LEDAブランドではない製品です。本来は19,800円らしいですが5/10までこの値段で購入できるようです。LEDAとの違いは色温度が選べない事と明るさとバルブ形状の様です。LEDAは2個で4200ルーメンですがこちらは3600ルーメンとなっています。→限定特価の期間が延長されているようです。

ヘッド&フォグ用と書いてありますが適合表を確認するとレヴォーグはフォグ専用です。この値段でハイビームに使えれば文句なしでしたが入門用には十分だと思い、購入しました。

 

LEDバルブが届きました

4/21の夜中に注文して4/22に発送の連絡をもらい、到着を待ちました。

autosite (7)
中1日で届きました。

autosite (17)
中はこんな感じです。しっかりしています。

autosite (19)
底には冷却ファンが付いています。

autosite (20)
初めてみるLEDバルブですが質感が高いのが分かります。

 

スポンサーリンク


取り付けたらこんな感じだった

取付方法は別記事でUPしますがとりあえず色味を確認してみましょう。

取付方法の記事をUPしました。→レヴォーグのフォグランプバルブの交換方法

autosite (22)

向かって右の助手席側がLEDバルブで運転席側がハロゲンバルブです。今回のLEDバルブは6500KなのでLEDロービームと比較すると若干青い感じがしますが自分的には許容範囲です。

 

autosite (23)

LEDアクセサリーライナーも色温度が低いようですのでロービームも含めて色味を合わせたいなら5000Kを選んだ方が良いかもしれません。

 

フォグランプ単体での比較は明るさと照射範囲が目視で2倍位になった様に感じます。これなら十分に補助ランプとしての機能を果たしてくれると思います。

今回は十分に満足できる買い物でした。これでハイビームもLEDバルブに交換する決心が付きました。→LEDAを取り付けました。

 

LEDフォグ関係のおすすめ記事

レヴォーグのLEDフォグランプの明るさ【動画】

レヴォーグのLEDフォグバルブを調べてみた

LEDハイビーム関係のおすすめ記事

レヴォーグのハイビームをLEDAに交換してみた

レヴォーグのLEDハイビームの明るさ LEDA LA02【動画】

レヴォーグのハイビームバルブ交換方法

レヴォーグのLEDハイビームバルブを調べてみた

 




スポンサーリンク

2015年4月26日 レヴォーグのフォグランプ用LEDバルブを購入してみた はコメントを受け付けていません。 LEVORG パーツ