レヴォーグのオイルについて

スポンサーリンク




レヴォーグのオイルについての情報です。

OIL3

レヴォーグは水平対向エンジンです。水平対向エンジンはピストンが横向きなのでOIL管理に気を使った方が良いと聞きますがどういう点に気を付けるべきなのでしょうか。

まずはスペックを確認しましょう

レヴォーグの取扱説明書にOILに関するサービスデータが載っています。

OIL

ここでは推奨OILとしてSUBARU純正OILが記載されていますが一体どんなOILなのか調べてみましょう。

スバルの純正OILの詳細は以下のページに記載があります。
http://www.subaru.jp/accessory/engine_oil/engine_oil/

OIL2

OILを選ぶには粘度、ベースオイル区分の情報が必要です。

純正OILのスペック

スバル純正OILのスペックは以下の通りです。

オイル名 粘度 API ベースオイル メーカー  
SUBARU LES PLEIADES ZERO 0W-30 化学合成油 elf  
SUBARU Castrol SLX Professional 5W-40 SM 化学合成油 Castrol  
SUBARU LES PLEIADES 10W-50 SM 化学合成油 elf  
SUBARU MOTOR OIL ECO 0W-20 化学合成油  
SUBARU MOTOR OIL 0W-20 SN 化学合成油  
SUBARU MOTOR OIL 5W-30 SN 部分合成油  
粘度とは?

粘度とは「0W-30」とか「5W-40」と言う部分になります。

前半の「0W」と言う部分は低温粘度といって寒い時のOILの固さを表します。後半の「30」とか「40」の部分は高温粘度と言います。こちらはOILが熱い状態での粘度を表します。

Wの部分の数字が小さい方が冬に柔らかくて、後半の数字が大きいと熱ダレしにくいと言う事になります。

APIとは?

APIはエンジンオイルの規格です。SAから始まりSNが最高ランクになります。スバルの純正OILにはSMとSNがありますがSNはSMよりも省燃費性能や環境性能などを向上させたOILになります。

SNに合格していれば全く問題は無いでしょう。

ベースオイルとは?

エンジンオイルは原油から作られますが精製度合いで鉱物油、部分合成油、化学合成油など呼び方が変わります。

化学合成油が一番性能が良いのですが値段も高価になります。

以上の点を踏まえてOILを選ぶ事になります。

で、どれを選べばいいの?

各OILの特徴です。

オイル名 粘度 使用状況及びフィーリング
SUBARU LES PLEIADES ZERO 0W-30 軽快で滑らか。チョイ乗り。寒冷地
SUBARU Castrol SLX Professional 5W-40 ハードな走行。渋滞、山岳路。高めの粘度が好き。
SUBARU LES PLEIADES 10W-50 極めてハードな走行。高温時の粘度。重厚感。
SUBARU MOTOR OIL ECO 0W-20 アイスト車。燃費重視。FBエンジン車。
SUBARU MOTOR OIL 0W-20 スタンダード仕様。燃費重視。
SUBARU MOTOR OIL 5W-30 スタンダード仕様。安価。

LES PLEIADESは適用車種がWRX STIとなっていますのでレヴォーグに使うには固すぎるでしょう。

その他は全てレヴォーグの推奨OILとなっていますので使用状況と値段で選ぶのが良いでしょう。メーカーがテストをして純正採用しているので安心です。

 

点検パックに加入している場合はどうなるの?

点検パックに加入している場合は部分合成油の5W-30のSUBARU MOTOR OILだと思います。

自分が購入したディーラーでは差額を出すとOILのグレードアップができるかもしれないと言われましたので次回交換時には「SUBARU LES PLEIADES ZERO」か「SUBARU Castrol SLX Professional」を入れられるか交渉してみるつもりです。

 

今まで色んなOILを入れてきました

2000年からSUBARU車に乗り続けていますので色んなOILを試しました。

「純正」、「SUBARU LES PLEIADES」、「SUBARU Castrol SLX Professional」、「RESPO V TYPE」、「RESPO S TYPE」、「RESPO E TYPE」、「Castrol EDGE 5W-40」、「BP バービス 5W-30」、「elf 5W-40」他にもありますが忘れてしまいました。

この中で覚えている好きなフィーリングのOILは「RESPO V TYPE」、「BP バービス 5W-30」でしたがボクサーエンジンはOILの量が多いので安売りの時でないと1万円を超えますので頻繁に交換できませんでした。

「RESPO」はZERO SPORTSのOILを作っていたメーカーで粘弾性のOILが特徴です。

「SUBARU LES PLEIADES」なんかは感謝デイでも12,000円しましたから1度だけしか入れてませんが確かに良いOILでした。ある時期から「SUBARU Castrol SLX Professional」がメニューに加わってからは感謝デイでこればかり入れてきました。

こうして振り返ると色んなOILを入れてきたなと思うのと同時に、実は何を入れても自分の使用状況では大差無いし故障する事もありませんでした。一言言えるのは好きなOILを入れれば満足できると言う事です。

何も考えずに点検パックに入ってしまったので好きなOILを入れる方法を考えています。

 




スポンサーリンク