レヴォーグ STI Sport を見てきた

スポンサーリンク




レヴォーグ STI Sport の展示車両が来たので見てきました。

STI Sport2

ナンバー無しの室内展示車両でした。アイドリングストップスイッチが有ったので1.6ですね。写真があまり撮れませんでしたがオーナー目線で気付いた事を書きたいと思います。

内装

乗り込んで最初に気付いたのはドリンクホルダー部分です。

STI Sport2 (2)

カーペットの様な素材が貼ってありました。底面は樹脂そのままでした。

 

STI Sport2 (3)

リヤドアも同様です。アームレストやステッチのボルドーが良いですね。

 

STI Sport2 (4)

シフトパネルもボルドーです。

 

STI Sport2 (5)

アームレストもボルドーです。

 

STI Sport2 (1)

インパネパネルはピアノブラックです。シフトパネルとセンターコンソールパネルとパワーウインドーパネルがシルバーなのでオプションパネルを取り付けて統一した方が良いかもしれません。

 

スポンサーリンク


外装

アルミホイール

自分のレヴォーグにはSTIのアルミホイールを装着しているので、今回のSTI Sportのアルミホイール実物が気になっていました。

STI Sport2 (7)

センターキャップは六連星マークですが基本的に自分が装着しているSTIアルミホイールのリム部のデザインをリファインした物に見えます。

 

STI Sport2 (8)

ちなみにこれがSTIの18インチアルミホイールです。リム部のデザインが違う以外は同じに見えます。オプション価格は196,560円なのでこれと同様なホイールが標準なのはうれしいですね。

 

LEDフォグ

STI Sport2 (2)

実車の写真が撮れませんでしたが新装備のLEDフォグをのぞき込んでみました。なぜかバルブが見えない構造でしたので点灯状態が非常に気になります。簡単にバルブ交換ができないと黄色などに変更するのは難しいかもしれませんね。

 

専用フロントグリル

STI Sport2 (3)

これも実車の写真が撮れませんでした。専用グリルはノーマルと比較すると枠が小さいのでカッコ良いです。自分ならこのままでOKなデザインです。

 

専用マフラーカッター

STI Sport2 (1)

これも実車の写真は撮れませんでしたが、指で口径を測ってみました。指なので正確ではありませんがφ80~90位の口径だと思います。両側に「STI」の文字が浮き出ていてカッコいいです。

STI Sport以外のノーマルマフラーは楕円ですがこちらは円形になります。なのでこの部分だけを取り寄せてノーマルのレヴォーグにポン付けはできなそうです。

正直、大口径のマフラーを見慣れた自分には少し迫力が無い感じですが最初からこれが付いているならマフラー交換をしなかったと思います。(ノーマルマフラーはすごく静かですから)

 

まとめ

自分が見た展示車両はCMで出ているダークグレーの車両でした。ダークグレーのレヴォーグは初めて見ましたがかなりカッコよかったです。アルミホイールの色も同系色なので一体感があります。この色ならSTIスタイルパッケージは要らないかもしれません。

前にも書きましたが、ノーマルグレードをベースにホイールやマフラー交換を考えている場合はSTI Sportは非常に魅力的なモデルだと改めて感じました。

今回は屋内展示でしたので試乗はできませんでしたが、試乗車があれば是非乗ってみたいと思いました。

 




スポンサーリンク

2016年7月30日 レヴォーグ STI Sport を見てきた はコメントを受け付けていません。 LEVORG 情報