レヴォーグのドリンクホルダーにLEDを付けてみた【準備編】

スポンサーリンク




レヴォーグにはセンターコンソールとドアポケットにドリンクホルダーがあります。

drink_led

純正オプションにもセンターコンソールイルミネーションがありますが高いので自作してみました。

イルミ連動で点灯し、明るさを調整できる様にする

今回はエーモン工業のLEDを使います。イルミから電源を貰い、ON-OFFスイッチと調光ユニットを介してセンターコンソール、前後ドアのカップホルダー、フロントスピーカーをLEDで照らしてみたいと思います。

準備するもの

サイドビューLED

エーモン工業のサイドビューLED No1875です。

drink_led (2)

下向きを照らすLEDです。カバーが付属しており、直接LEDが見えなくなるようになっています。カップホルダーを照らすには最適なLEDではないでしょうか。

こちらのLEDを照らしたい場所の分用意します。今回はセンターコンソールのカップホルダーとリヤドアのカップホルダー用に合計4つ準備しました。

 

3連サイドビューLED

エーモン工業の3連サイドビューLED No1877です。

drink_led (3)

こちらは上のLEDを3連にしたものです。フロントドアの長いポケットに取り付けるので2つ準備しました。

 

ワンポイントLED

エーモン工業のワンポイントLED No1806です。

drink_led (4)

こちらはカバーが付属しないむき出しのLEDです。これでスピーカーを照らしてみます。2個で1組なので1つ準備しました。

 

調光ユニット

エーモン工業の調光ユニット No1850です。これでLEDの明るさをコントロールする事ができます。

1850_L

出力が1Aまでなので接続するLEDの数に注意が必要です。

 

ロッカスイッチ

エーモン工業のロッカスイッチ No1290です。

1290_M

LEDが付いたON-OFFスイッチです。これでLED全体をON-OFFできるようにします。

 

ダブルコード

エーモン工業の細線シリーズのダブルコード No2804です。LEDは低消費電力なので細いコードで十分です。

drink_led (5)

今回は前後ドアとセンターコンソール、のれんわけハーネスに引き回すので2巻準備しました。

 

接続コネクター

エーモン工業の細線用の接続コネクター No2825です。

drink_led (1)

これを付けておくとバラす時に便利なのでLEDを付ける時は必ず使っています。

あとは、イルミの電源ラインからスイッチへの接続と、スイッチから調光ユニットへの接続用配線があればOKです。

電流を計算しよう

通常、車両のイルミ電源ラインは車種にもよりますが5A程度は流せると思います。(ヒューズで確認できます)なので5A程度まではリレーなどは必要ないと思います。

クルマ全体に大量のLEDを装着する場合は大容量の電源ラインからリレーを介して接続する必要がありますが、今回は17mAのLEDが4つと20mAのLEDが2つなので合計で108mAです。アンペアに直すと0.1A程度の消費電流です。これならリレーの設置は不要です。(リレーを介してLEDを点灯させるには整流ダイオードも必要となるので面倒です。)

 


今回購入したのはこちら

・LED

エーモン

エーモン 1875 サイドビューLED(青)
価格:241円(税込、送料別)

エーモン

エーモン 1877 3連サイドビューLED(青)
価格:451円(税込、送料別)

エーモン 1806 ワンポイントLED 青

エーモン 1806 ワンポイントLED 青
価格:284円(税込、送料別)

 

・スイッチ、調光ユニット

エーモン

エーモン 1850 調光ユニット
価格:816円(税込、送料別)

 

・コード、接続コネクター

エーモン

エーモン 2804 ダブルコード
価格:571円(税込、送料別)

エーモン

エーモン 2825 接続コネクター
価格:623円(税込、送料別)

 

全部で約7,000円で済みました。純正オプションのセンターコンソールイルミはセンター部分だけで23,220円なので大分安く済みました。

部品が揃ったので次回は取り付け編です。

センターコンソール取付編をUPしました。→こちら

ドア取り付け編をUPしました。→こちら

 




スポンサーリンク

2016年3月26日 レヴォーグのドリンクホルダーにLEDを付けてみた【準備編】 はコメントを受け付けていません。 LEVORG パーツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ