レヴォーグ 2.0GT-Sの乗り心地をレガシィと比べてみた

スポンサーリンク




レヴォーグ(LEVORG)のGT-Sグレードにはビルシュタインダンパーが装着されていますが乗り心地が硬いと感じる人も多いようです。

6か月点検でBMレガシィの2.5iを借りたので乗り心地を比較してみたいと思います。

ノーマルサスのレガシィはマイルドでした

借りた代車は走行距離が22,000kmのノーマルダンパー(KYB)の2.5iでした。

一番違うと感じたのは道路の継ぎ目を乗り越えるような時です。動画を作ったので見てみてください。

ビルシュタインではドカンと突き上げるような感じの段差もレガシィは半分位の感じでした。

レヴォーグは硬いんですがシャーシに剛性があるので運転者はそれほど不快ではありません。しかし、家族に聞くとリヤシートに座っていると結構跳ねるらしいです。

GT-Sグレードの購入を考えている方は試乗をお勧めします。




スポンサーリンク

2015年3月18日 レヴォーグ 2.0GT-Sの乗り心地をレガシィと比べてみた はコメントを受け付けていません。 LEVORG
スポンサーリンクと関連コンテンツ