新型インプレッサスポーツとレヴォーグの比較

スポンサーリンク




2016年10月発売の新型インプレッサスポーツ(GT型)とレヴォーグを比較してみました。

Comparison

インプレッサスポーツは今回のモデルチェンジでかなりレヴォーグと似た外観になりました。どこが違うのかを調べてみたいと思います。

エンジン、駆動方式

駆動方式とエンジン

インプレッサスポーツとレヴォーグの1番の違いは駆動方式とエンジンです。

車種 エンジン種類 駆動方式
レヴォーグ 1.6ターボ アクティブトルクスプリットAWD
2.0ターボ VTD-AWD
インプレッサスポーツ 1.6NA FF、アクティブトルクスプリットAWD
2.0NA FF、アクティブトルクスプリットAWD

どちらも1.6Lと2.0Lのエンジンを搭載していますがレヴォーグはターボのみでインプレッサスポーツはNA(ノンターボ)のみとなっています。駆動方式はレヴォーグはAWDのみですがインプレッサスポーツはFFも選択できるのが特徴です。SUBARUには数種類のAWD型式がありますがレヴォーグの1.6とインプレッサスポーツは同じ形式のAWDとなります。

エンジンの性能比較

インプレッサスポーツとレヴォーグのエンジンの一番の違いはターボかNAかと言う事になります。NAとは「ノーマルアスピレーション」の略で自然吸気と言う意味です。エンジンは排気量分の空気を吸い込んでガソリンと混ぜて爆発させます。なので排気量の大きなエンジンは爆発力が強いので出力が上がります。

ターボは排気ガスを利用してタービンを回し、本来の排気量以上に空気をエンジンに押し込む事で出力が上がります。ターボは高出力の半面、ターボラグと呼ばれる現象があり、低回転時などに排気ガスが少ない場合などに力が出ない時があります。タービンを回すのに十分な排気ガスが得られれば急に力が出るので人によってはギクシャクとするように感じる場合があります。

ターボラグが大きい場合は、ターボが効き始めると急激に加速したりして市街地走行では乗り辛い場面もあるかもしれません。NAはターボラグがないので自然な加速感が得られます。

車種 エンジン種類 最大出力 最大トルク 燃料
レヴォーグ 1.6ターボ 125(170)/4,800-5,600 250(25.5)/1,800-4,800 レギュラー
2.0ターボ 221(300)/5,600 400(40.8)/2,000-4,800 ハイオク
インプレッサスポーツ 1.6NA 85(115)/6,200 148(15.1)/3,600 レギュラー
2.0NA 113(154)/6,000 196(20.0)/4,000 レギュラー

インプレッサスポーツとレヴォーグのエンジン性能を比較してみると分かりますがやはり、ターボの方が出力が高いのが分かります。しかし、ターボは出力が高いのでエンジンやサスペンション、タイヤなどを強化する必要があるので車両重量が重くなる傾向にあります。

燃費比較

次に燃費を比較してみます。

車種 グレード 車両重量 JC08燃費
レヴォーグ 1.6GT-S 1,550 16.0
2.0GT-S 1,560 13.2
インプレッサスポーツ 1.6i-L 1,300[1,360] 18.2[17.0]
2.0i-L 1,320[1,370] 17.0[16.8]
2.0i-S 1,350[1,400] 16.0[15.8]

やはり、ターボで車両重量の重いレヴォーグの方が燃費が悪いですが、よく確認するとレヴォーグの1.6ターボよりインプレッサスポーツの2.0i-SのAWDの方が意外にも燃費の数値が悪い事が分かります。

実際、2.0i-Lの試乗車の燃費計に示された数値はレヴォーグの1.6ターボと同等の数値でしたのでこの数値は信頼できる印象です。

ボディサイズ

次にボディサイズを比較してみます。

インプレッサスポーツ

Comparison (1)

レヴォーグ

Comparison (2)

インプレッサスポーツ レヴォーグ レヴォーグ比
全長 4460 4690 -230
全幅 1775 1780 -5
全高 1480 1490 -10
室内長 2085 2005 80
室内幅 1520 1490 30
室内高 1200 1205 -5
フロント座面から天井まで 950 970 -20
リヤ座面から天井まで 940 955 -15
ホイールベース 2670 2650 20
トレッド 1540/1545 1530/1540 10/5
最低地上高 130 135 -5
最小回転半径 5.3 5.5 -0.2

レヴォーグと比較するとインプレッサスポーツは全長が230mm短くなるのですが、ホイールベースが20mm長いのが特徴です。おかげで、リヤシートに座るとレヴォーグよりも膝周りに余裕が感じられました。但し、室内高がレヴォーグよりも低いので実際乗った印象も天井が低い印象です。

通常はホイールとトレッドが広がると最小回転半径が多くなる事が多いのですがインプレッサスポーツの方がタイヤの外径が小さいのでレヴォーグより小回りが利きます。実際に運転してみた感じも一回りコンパクトな車に乗っているような感覚で運転できました。

あと、気になるのは130mmの最低地上高です。レヴォーグは18インチ仕様車は135mmで17インチ仕様車は130mmなのでほぼ同等なのですが気になるのは積雪時の走破性だと思います。実際、自分も気になっていますがレヴォーグを買ってからまともな降雪がなく、スタックした経験がないので何とも言えない部分です。

 

スポンサーリンク


走行安全性、安全装備

アイサイト

インプレッサスポーツのアイサイトはVer3なのでレヴォーグと同等です。

ASP

ASP[アドバンスドセーフティーパッケージ]はレヴォーグ(一部標準)もインプレッサスポーツもメーカーOPですが内容は少し違います。

レヴォーグだけに付いている装備
  • 自動防眩ルームミラー
  • サイドビューモニター
  • アイサイトアシストモニター

以上の装備が欲しい場合はレヴォーグを選ぶ必要があります。

VDC

VDC[ビークルダイナミクスコントロール]は横滑り時の挙動を安定させるシステムです。どちらにも標準装備です。

アクティブ・トルク・ベクタリング

VDCを利用して旋回時の内輪側にブレーキをかけ、相対的に外輪側の駆動力を大きくして危険回避性能と旋回能力を高める機能です。レヴォーグは全車に標準装備ですが、インプレッサスポーツは2.0i-Sのみに装備されます。

レヴォーグはフロント側だけにブレーキを掛ける制御ですが、インプレッサスポーツのAWDは、内輪側の前後にブレーキを掛ける制御に進化しています。(FFはフロントのみ)

LEDハイ&ロービーム

レヴォーグのLEDヘッドランプはロービームのみですが、インプレッサスポーツはハイビームもLEDになります。2.0i-Sは標準装備ですがそれ以外のグレードはメーカーOPになります。また、インプレッサスポーツのLEDヘッドランプはステアリング連動ヘッドランプになります。

MFD

MFD(マルチファンクションディスプレイ)が旧型やレヴォーグの4.3インチから6.3インチへ大型化されています。表示も変わりました。

マルチインフォメーションディスプレイ付きメーター

マルチインフォメーションディスプレイはメーターの中央にあるディスプレイです。レヴォーグは3.5インチですが4.2インチに大型化されています。

 

価格比較

最後に価格を比較してみます。

インプレッサスポーツ
グレード 価格 備考
1.6i-L EyeSight 2WD 1,922,400 ASP 21.6万円UP
1.6i-L EyeSight AWD 2,138,400 ASP 21.6万円UP
2.0i-L EyeSight 2WD 2,160,000 ASP 14.58万円UP
2.0i-L EyeSight AWD 2,376,000 ASP 14.58万円UP
2.0i-S EyeSight 2WD 2,376,000 ASP 5.4万円UP
2.0i-S EyeSight AWD 2,592,000 ASP 5.4万円UP

グレードによってASPの価格差があります。1.6i-LにASPを装備する場合は2.0i-Lと価格差が縮まります。また、2.0i-Sは標準装備品が多いのでASPが5.4万円で装備できるのがポイントです。

レヴォーグ
グレード 価格 備考
1.6GT EyeSight 2,775,600 ASP 20.52万円UP
1.6GT EyeSight Smart Edition 2,905,200 ASP標準
1.6GT EyeSight S-style 2,905,200 ASP 10.8万円UP
1.6GT-S EyeSight 3,056,400 ASP 10.8万円UP
1.6STI Sport EyeSight 3,488,400 ASP、本革シート標準
2.0GT-S EyeSight 3,564,000 ASP 10.8万円UP
2.0STI Sport EyeSight 3,942,000 ASP、本革シート標準

レヴォーグはグレードが多いので迷う所ですがASP付きで考えると最安のSmart Editionでも290万円なのでインプレッサスポーツの2.0i-SのASP付きと25.92万円差になります。逆に言えば約26万円差で1.6ターボのレヴォーグが手に入りますので悩む所ではないでしょうか。

レヴォーグのASP付きにはインプレッサスポーツのASP付きに無い装備がありますので26万円以下の差と言えるのではないでしょうか。

 




スポンサーリンク

2016年10月31日 新型インプレッサスポーツとレヴォーグの比較 はコメントを受け付けていません。 IMPREZA 情報