SJフォレスターにソニックデザインを付けてみた

スポンサーリンク




スバル純正オプションにソニックデザイン(Sonic Design)のスピーカーがありますが、SJフォレスターには適合品がありません。

sonic

なぜ適合品が無いのかディーラーに聞いても理由は分からなかったので、試しにWRX S4用のソニックデザインを購入して取り付けてみる事にしました。

初めてソニックデザインを見た

今までソニックデザインの実物を見る事が出来ませんでしたが、今回初めて見る事ができました。

sonic (1)

こんな感じの箱に入っていました。

 

sonic (2)

中はこんな感じです。

 

sonic (3)

横から見るとこんな感じです。奥行きがあってスラントしています。

 

sonic (4)

取説によると奥行きは全体で150mmあります。フランジ部分からは110mmあります。結構な奥行きです。また、取説には低音についての注意書きが書いてありました。

 

SJフォレスターのスピーカー取り付け部は楕円形状

ドアの内張りを外すとSJフォレスターのスピーカーは楕円状のスペーサーで付いています。カロッツェリアの「UD-K119」と言う17cm用スピーカー取り付けキットを準備しました。

sonic (6)

が、うまくスピーカーが入りません。30mm程度前にはみ出します。確かにこれでは適合車種にはなり得ませんね。

 

sonic (5)

改めて中を覗いてみると中心部に窓ガラスが来ています。(これはガラスを下げた状態です。)

 

sonic (7)

そこで、MDFでスペーサーを作成しました。

 

sonic (8)

スペーサーを付けると何とか付きました。とりあえず音を鳴らしてみたら無事に音が出ました。箱に入っているので内張りを装着しなくても普通に音がでます。

しかし、ここで問題が発生しました。取り付けている途中でも気になっていましたが、位置的にかなり前方に出ています。試しに内張りを装着してみると当たってしまい50mm程度浮き上がってしまいます。内張り内のスピーカーグリルの部分に15mm程度の補強リブがあるのでカットしましたがダメでした。

 

sonic (9)

とりあえずカロッツェリアの取り付けキットを外してドア内を眺めていたらソニックデザインを斜めに持ち上げて固定できれば付きそうな事に気が付きました。そこで取り付けキットはあきらめてベースからMDFで作る事にしました。

 

sonic (10)

とりあえず付きました。窓も開け閉めできますのでこのまま内張りが装着できれば完成です。しかし、内張りを装着してみると10mm程度浮いてしまいます。最初は助手席側のドアで試していたのですが今回は運転席側なのでスピーカーグリルのリブをカットしていない事に気付き、カットしてみた所、無事に内張りが装着できました。あとは、動作確認をしてMDFを塗装すれば完成です。ツイーターは特に問題なく装着する事ができました。

 

サイバーナビとの組み合わせです

今回のフォレスターにはカロッツェリアのサイバーナビAVIC-ZH0009が装着されています。フロントだけをソニックデザインに交換してリヤは純正のままです。動画を撮りましたので是非聴いてみて下さい。

低音が出るヘッドフォンやスピーカーで聞いてみて下さい。ソニックデザインは純正スピーカーより中高音は出ますが低音は少し弱いようです。リヤが純正なので低音がカバーされていますが、フロントのソニックデザインだけにすると迫力があまり感じられません。(フロントだけ鳴らした場面は未収録です)

 

ソニックデザインが向く人は?

ソニックデザインは何の加工もなく装着できるならデッドニングも必要ないですし装着する価値はあると思います。しかし、今回のフォレスターの様に何らかの加工をして取り付ける必要がある場合は、「デッドニング」&「適合するスピーカー」の方が良いと感じました。また、割と大きめの音量で音楽を聴く人がソニックデザインを選んだ場合はサブウーファーが必要になりそうだと思いました。

まとめると、装着可能車種で大音量で聞かない人向けのスピーカーではないでしょうか。できれば実際に聴いてからの方が良さそうです。ちなみにDIATONEのG20と音の方向性は似ている(暖色系)と感じました。

 




スポンサーリンク