東北モーターショー in 仙台2016に行ってみた【MAZDA編】

スポンサーリンク




東北モーターショー in 仙台2016に行ってきました。今回はMAZDA編です。

mazda

MAZDAは以前乗っていたので今も気になるメーカーです。

MAZDAブースの展示車両

MAZDAブースでは以下の車両が展示してありました。

tms (7)

(この画像はスクリーンショットです。クリックでサイトに移動します。)

ロードスター

新型ロードスターです。初めて見ました。

roadster

ロードスターは大人気で運転席に座るには順番待ち状態でした。以前の1.6L時代のロードスターは乗った事がありますが軽快感と爽快感が素晴らしく、乗っていて楽しい車でした。条件が許すなら欲しいのですが今の自分には無理そうです。試乗してみたいです。

 

CX-3

デミオをベースにしたSUVです。

cx-3

以前から気になっている車です。内装はデミオと同じデザインですが、ルーフの形状が違うので頭上の解放感があります。足元は同じなのでリヤシートの足元はミニマムスペースでした。前席のみの使用なら大丈夫だと思いますがリヤシートを使うファミリーだと少し狭いかもしれませんね。

但し、値段なりの質感は感じましたのでこの大きさに魅力を感じるなら買っても損はなさそうです。

 

デミオ

デミオも大人気でした。

demio

デミオはこのクラスの国産他社ではラインナップがないディーゼルエンジンが特徴です。これは本当に他社との差別化になっていると思います。昔はファミリアに乗っていたのでこのクラスの車は気になります。通勤用に欲しいです。

 

CX-5

CX-5からマツダのクリーンディーゼルが始まりました。

cx-5

CX-5はマイナーチェンジを受けているので熟成感がありました。大きさも手頃で室内もそれなりの広さです。これで走りが良くて値段も相応なので売れない理由が無い様に感じました。こうして見るとCX-5と比べるとCX-3は少し値段が高い様に感じます。

 

アクセラSport

アクセラは余裕で見れました。

axela

アクセラは昔乗っていたファミリアの後継車です。また、スバルで言えばインプレッサスポーツに相当します。この車には2.2Lのクリーンディーゼル搭載車もありますがFFで306万円もします。2.0LガソリンがFFで243万円なので相当な差額となっています。ファミリアと比べると車体も大きいのでクラスが上に感じました。もっとも、ライバルのシビックも大きくなっていますので仕方ないですね。

AWDとアイサイトが標準で280万円程度から購入できるレヴォーグは凄くお得な感じがします。

 

アテンザSedan

アテンザセダンは大きかったです。

atenza

アテンザセダンの室内は初めて見ました。幅が広い車はセンタコンソールを見れば分かります。すごく幅が広かったです。しかし、この長さと幅の車を普段使いするには少し覚悟が必要だと感じました。とにかく大きいです。

値段も317~396万円となっていますので簡単には買えそうもありませんでした。

 

まとめ

SKYACTIVEからのMAZDA車をゆっくり見たのは初めてですが質感、デザインはGoodだと思いました。車は道具と割り切って買うか、趣味として買うかを選択する時代なのだなと実感しました。今のMAZDA車の購入を考える人は間違いなく趣味として購入している層だと感じました。

現在展開しているSKYACTIVEから躍進が続いていますが、スバルと共に大手では出さない様な特徴のある車を出し続けてもらいたいです。

 




スポンサーリンク

2016年3月6日 東北モーターショー in 仙台2016に行ってみた【MAZDA編】 はコメントを受け付けていません。 blog
スポンサーリンクと関連コンテンツ