車のスピーカーは交換する必要があるの?

スポンサーリンク




最近の車はオーディオレスが標準です。オーディオはレスでも純正スピーカーだけは装着されている車が多いと思います。しかし、オプションのナビやオーディオのカタログを見てみるとスピーカーも載っています。

speaker

最初から付いているスピーカーを交換する必要があるのかを考えてみたいと思います。

不満が無ければ交換は必要ないと思います

なぜ、スピーカーを交換する必要があるのでしょうか?

自分は「純正スピーカーでは出せない音を出せるから」だと考えます。

そもそも、純正スピーカーで出せない音ってどんな音なのでしょうか?

ナビやオーディオで自分が普段聞いている曲を再生した時に何かと比較したとします。ホームオーディオの場合もあればヘッドフォンかもしれません。TVかもしれませんしホームシアターかもしれません。その時に比較元と比べて何らかの不満が出たとします。それは高音かもしれませんし低音かもしれません。

 

純正スピーカーのままで不満を解消できないのか?

まず、最初にやるべきは事はナビやデッキで音質調整を行う事です。

バス(低音)やトレブル(高音)、ラウドネスやイコライザーなどを使って好みの音が出るか調整してみるのです。調整しても好みの音質にならない場合はスピーカーやアンプなど色々な部分を交換していく事になります。逆に言えば調整で満足できるなら交換は必要ないという事になります。

 

取り替える順番

ヘッドユニットが同じだとして考えるとやはり、スピーカーを変えてみるのが手っ取り早いと思います。スピーカーは車で言えばタイヤの様な物です。車もタイヤを換えれば乗り味が変わりますよね。

一言でタイヤと言ってもメーカーやブランド、太さや扁平率も色々あります。タイヤを回すためにはエンジンが必要ですが、アンプは例えるならエンジンです。小排気量(低出力)エンジンに太く大きなタイヤを付けると走りが悪くなる様に、出力に合わないスピーカーを付けても良い音は出ませんので注意が必要です。

スピーカーを交換した事がある場合は交換によってどの位音が変化するか想像できると思いますが、初めてのスピーカー交換を考えているなら「純正スピーカー+調整」で好みの音質になるか試してからでも良いのではないでしょうか。

 

不満はどんな部分なのかで選ぶ物が変わります

例えば、高音が不足と感じるなら高音を特徴にしている物になりますし、低音ならサブウーファーの追加を考える事になります。ネットや雑誌で評判が良いスピーカーを取り付けても自分にとってはどうか分かりません。誰かが良いと言っているから良いスピーカーなのではなく、自分が求めている音が出れば良いスピーカーと言えるでしょう。

なので、自分が求めているのはどんな音なのか傾向を掴んでおく必要があります。

例えば自分の場合は、「厚みがあって解像度に優れた音」が好みです。インナーイヤータイプで低音が良く出るヘッドフォンのような感じの音です。自分が求めている音が決まればどんなブランドのどのタイプが良いか方向性が見えてきます。

ちなみに、スピーカーには性能を表す数値が書いてありますが、これは音の心地良さと完全同調している訳ではありません。例えば同じ馬力の車なのにメーカーによって乗り味が違う感じです。数値はあくまで計測器で測定された数字なので音の良さ(好みの音か)は分かりません。

 

まとめ

車を購入時にナビなどとまとめて購入する場合は仕方ありませんが、最初は純正スピーカーのままで使ってみて音を聞いてから交換した方が変化が感じられて良いと思います。

自分もあえて純正スピーカーで納車してもらい、後からスピーカーを交換しました。最初から交換するスピーカーは決めていましたので1か月位で交換しました。純正スピーカーと比較出来て楽しかったです。

車購入時にどのスピーカーが良いか迷って決まらない時は、とりあえず純正スピーカーで納車してもらった方が交換するスピーカーをゆっくり選べて良いと思います。音量や聞くジャンルによっては純正スピーカーでも大丈夫な場合も多いです。

 




スポンサーリンク

2016年2月14日 車のスピーカーは交換する必要があるの? はコメントを受け付けていません。 オーディオ
スポンサーリンクと関連コンテンツ